自分たちで音源を作ろう!生音ドラムやセルフレコーディングに必要なもの

今の時代、少しの機材が揃えられれば誰でも手軽にレコーディングが行えます

業務用の機材になるとウン百万ウン千万かかりますが、セルフなら値段そこそこ、クオリティーそこそこに音源が作れます

安くても使える僕おすすめの機材も紹介しながら書いていきます

各楽器の録り方についてはこのブログを色々見てみて下さい

距離で低域とアタックのコントロール!キックのマイキングのやり方

鳴りを録り切れ!スネアのマイキング

好み?個性が出る?タムのマイキング

シンバル中心か?ドラムキット全体か?トップマイクのマイキング

どう狙う?ギターアンプのマイキング

機材の性能がカギ?ベースアンプのマイキングとDI

吹かれ(ポップノイズ)に注意!ボーカルのマイキングと使用マイク

セルフレコーディングのメリット

・安く音源が作れる

・一回機材揃えてしまえば何回でも作れる

・自分たちの演奏を客観的に聞ける

・音響の知識が身につく

セルフレコーディングのデメリット

・安くと言ってもそれなりにお金はかかる

・PCの操作、DAWの操作のやり方が少し複雑

・録れる場所が限られる

・まず音響知識が求められる

これをみてまだめんどくさいって感情が芽生えなかった人はやれる人w

実際レコーディングなんて地味でめんどくさくてなんでこんな事してるんだろうと思う事多数ですw

ですが完成した時の達成感やら、開放感やらは他では味わえないです

さぁレッツトライ!w

必要な機材

・PC

・DAWソフト

・オーディオインターフェース

・モニタースピーカー

・モニターヘッドホン

・マイク

・シールド

・マイクスタンド

・ミックス用プラグイン

1つずつ書いていきます

PC

所謂パソコンですw

もうここでそれなりにお金かかる

PCで大事なのはスペックです

覚えておくといいのはCPU、メモリ、電源です

拘るならMAC一択ですが値段を抑えるとWindowsでも問題ありません

セルフレコーディングの推奨は

CPU 4コア

メモリ 8GB

電源 500w

ですね

いちいち選ぶのがメンドクサイ人は音楽制作用に組まれたPCがあるのでそれでいいと思います

ドスパラ、パソコン工房、ツクモなどですね

ここらへんのスペックあればまず困りません

PC1台で完結したい人はノートPCがいいと思います

デスクトップだと持ち運びが出来ない(頑張れば出来るw)ので

DAWソフト

フリー版でなければ何でもいいです

次に書くオーディオインターフェースに廉価版が付いてくるのでそれでも構いません

廉価版は制限があるので色々不便かもしれませんがレコーディングするだけなら十分です

オーディオインターフェース

最低4CHのモノは使いましょう

ドラム録りで、キック、スネア、トップ2本立てられれば一応録り切れます

おススメはこれ

ザ・無難w

良くも悪くもこの値段の音です

過度な期待をしてはいけないw

他のメーカーでも似たようなの出てます

音もそこまで大差ないのでどれでもオーケーです

他だとこれとか

これなんかですね

ローランドはソナーが付いてきますが今どうなんだろう?

プリソーナスはスタジオワンが付いてきます

どのDAWでもやることは一緒なので見た目で選ぶもよし、感覚で決めるもよしなのでお好みで

モニタースピーカー

出来ればモニタースピーカーと銘打ってるもの

最悪ヘッドホンのみでも構いません

おススメはこれ

この辺りがまだ使えます

低音は弱いですが他の解像度はこの値段してみると良いです

モニターヘッドホン

おススメはMDRーCD900STなんですが少々お高めなので何でもいいと思います

ただし、100均のイヤホンとか1000円くらいのイヤホンはやめた方がいい

普通のリスニング用のものなら5000円ぐらいからのものがいいと思います

 マイク

SM58 4本

SM57 1本

コンデンサーマイク 1本

これぐらいは欲しい

SM58はドラム用、SM57はギター用、コンデンサーはボーカル用って感じです

SM58はどこのスタジオにもあるのでそれ使っても構いません

コンデンサーでおススメは

これか

これ

完全に僕の好みですがこの値段でそこそこの音録れます

僕も持っていますがよくおススメマイクで紹介されてるマイクでNT1Aがありますが僕は好みではないのでほぼ使いませんw

じゃあなんで買ったんだというのは聞かないでくださいw

シールド

7m 4本

ドラム録り用でもギター録りでもつかえますね

これでオーケー

おススメはカナレ

カラバリが豊富だね

僕もカナレ使ってます

味付けが少なくて取り回しも楽です

マイクスタンド

4本ですね

すべて普通のブームスタンドでオーケー

スタジオから借りてもいいと思います

定番はK&Mですがよほど変なのでなければ大丈夫です

ミックス用プラグイン

WAVES GOLD

これあれば十分です

僕も未だに使っているプラグイン入ってます

これ以上求めるなら録りから変えないと意味ないですw

ただミックスは難しく、プラグインあれば出来るわけではないのでそこは注意

初期費用

上記のものすべて揃えて20万〜30万でしょうか?これがまだ使える範囲での最安値な気がしますw

これを高いと見るか安いと見るか?

高いギターよりは安いw

物足りなくなったら買い足していけばいいのです

ただ終わりなき沼ですw

でも生音をマイクで録るって経験1度はした方がいいです

打ち込みとの違いに気づきます

DTMでしか音触ったことない人は特にやった方がいい

生音素材は貴重品の時代

打ち込み音源のクオリティーが物凄いのでわざわざ生音録る必要ないなんて言うのも少なくないです

利便性を考えるとそうなってくるのは当然ですね

ミュージシャンは大変な時代です

僕もバンド上がりの人間で生音が好きなので是非とも頑張って欲しいものです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です