ベースに太さと存在感を加えるエンハンサー!WAVES R-BASS!

ミックスをしていると、ベースの存在感て大事だと気づきます

だけども、ローをブーストしすぎると、モコモコするし、かといって目立たせようとアタックのハイをブーストすると低音感薄くなるし、どうすればいいんじゃい!ってなっていきます

そんな悩みを解決するのがR-BASSです

これはエンハンサーと呼ばれる、主に倍音を付加していくものです

では書いていきます

使い方はとっても簡単

Freq(フリケンシー)の帯域を決めて、intensityのフェーダーをいじるだけ

たったそれだけでベースに存在感が加わっていきます

ちなみにデフォルトのフリケンシーは80Hzなんですが、ベースに使う時は60~80Hzの間でしかほぼ使っていません

僕の使い方としては、少しだけベースの太さが欲しい時に使います

1聴しただけでかかっているのがわかるものなので、かけ過ぎには注意しつつ使っています

すごく効果がわかりやすい

コンプみたく、かかってるかわからないなんてことはまずないw

単純に圧が出るというか、太くなるというか、とにかく存在感が出ます

この太さや厚みはEQでは出ない

EQは帯域の調整なので、その帯域以外には影響が少ないのです

R-BASSみたいなエンハンサーは倍音を足していくので、全帯域に影響が出るのです

上の帯域にも倍音が自然に付加されていくので、この太さが出る

やっすい音でもそれなりに太くなるので、おすすめですw

かけ過ぎると、逆に音が痩せていきます

あからさまに違和感が出るので、そこまで掛けることないと思いますがw

曲によってどれだけかけるかは耳で判断しましょう

ベース以外にも使える

R-BASSと言うくらいだからベースにしか使えないのか?

全くそんなことありません

低音がメインの音であれば、同じような効果が期待できます

手の内をバラすと、僕はキックのオフマイク、ドラムのグループなんかにもかける事があります

キックのローが録りきれていないような素材だったり、ドラムグループ全体の太さを出すのに使います

完全ではないのですが、無かったローが足せる

60Hzまでしか録れてないものに、40Hzぐらいまでのローが足せる

足せるというか、引っ張り出せるって感覚ですね

この時はフリケンシーを40Hzぐらいにします

ただ結構、無理矢理なローって感じ(素材によってはふわふわする)

その後のEQ処理は必須ですね

僕はこれかけた後は、必ずEQ処理を行います

特にベースとキックの兼ね合いはしっかり整理しなくてはいけません

いらない帯域にも影響を及ぼすので、しっかり帯域整理を行います

いくら太くなっても、邪魔なら意味ないですからw

ドラムグループは全体の太さが欲しい時に

フリケンシーは150~200Hzぐらい

スネアが太くなる帯域ですね

これは太くなったなってところで止めてます

バイパス音と比べて、少し変化が出たぐらいなところかな

生音ドラムだとオーバーヘッドの被りのスネアにいい味が出ます

オフマイクのスネアが太くなると、さらに存在感が足されるのでおすすめ(キチンとマイキングして、位相があまりズレていないものに限りますが)

ただ、さらにアンビを足すと音がスゲー遠くなるので注意w

これは良い所を耳で判断です

残念ながらGOLDバンドルには入っていない

入っていませんw

これが入るのはPlatinumからです

あとルネッサンスバンドル

プラチナム買った方が絶対得w

なんならダイアモンドの方が長い目で見ると得w

ちなみに僕は、GOLDバンドルのアップグレードからルネッサンスバンドルをブッ込んでいました(当時でもかなり安かったので良かったw)

今ホントに安くなっているので、これから買う予定の人は羨ましいクソが

割と必須なプラグインかも

なんやかんや出番は多いかもですw

先ほども書いた通り、かけ過ぎには注意です

倍音を増やすと言う事は、すなわち他にも影響が出るという事です

なのでEQ処理は必須です

これはEQ無くても大丈夫かなって事ほとんど起こりません(僕の場合w)

R-BASSだけでなく、他のエンハンサーを使う時も同様

キチンと使えれば、音ぶっとく、存在感があるものにできます

おわりに

初めてこのプラグイン使ったときは感動したものです(しみじみ)

「こんなに簡単に音太くなるのかっっ!!!」

こんな感じでしたw

悲しい事に、慣れるとこれが普通と感じてしまうので、あの時の感動はどこへいったんでしょう?w

WAVESのプラグインで未だ現役で使っていますがw

まずはベースの太さや存在感が欲しい方は試してみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です