機材の性能がカギ?ベースのライン録音とDI

ベースアンプのマイキングはギターとほぼ同じです どう狙う?ギターのマイキング

低音は広がるので、そこに注意

マイクもベースなので、低音が録れるマイク使用します

ただ違うのは、ベースはライン録音も一緒にすること(ギターもラインで録ることあるけどね。DTMとかだとライン録音だし)

ライン録音は、マイクを使わないで直接DAWやらレコーダーに音録ることです

ベースはマイクで録ると低音は良く録れますが、どうしても輪郭がボヤけます

なので輪郭がハッキリして立ち上がりの速いラインの音と混ぜるのが主流です

むしろラインだけで充分じゃね?ってことがよくある

ライン録音のクオリティは

ベース本体、マイクプリまたはDI、シールド、演奏レベル

これらがカギになります

一つ一つ書いていきます

ベース本体

アクティブとパッシブで音変わります

これは好みですね。ただアクティブの方がインピーダンスが低いのでノイズには強いです

どうせDI通るのでパッシブでも何も問題ありません

インピーダンスってなんぞや?

インピーダンスは雑に言うと抵抗の事です

雑じゃだめだw

ベースとか楽器の電気エネルギーってものすごく小さいんです

なのでそれを増幅してやる必要があります

ただライン録音の場合、Hiz端子が無いミキサーなどに刺すとインピーダンスが高い(出力が小さい)ままなので、そのまま音大きくしてもノイズまでもが大きくなってしまいます

あとアンバランス信号からバランス信号にしないとノイズが乗りやすくなります。あと高域が弱くなる

なのでミキサーに信号が入るまでに、インピーダンスを低くして適正な出力にしてやります

これを担うのがDIです

インピーダンスを下げるものとしてDIがあります。よくロー出しハイ受けみたいに言われますね

当然ながらDIのクオリティが関わるので音にも影響があります

ちなみにDIはダイレクトインジェクションボックスの略

DIの種類

DIにもパッシブタイプとアクティブタイプがあり、どっちを使うかは好みです

良くも悪くも音が変わるので気に入ったやつで構わないと思います

ただ値段で質がかなり変わります。残念ながらw

あとエフェクタータイプのものもあります

ベーシストなら必ず1回は使うであろうサンズアンプw

もうあのドンシャリバキバキな音で録れます

今サンズアンプ使用が変更になりましたね。ミドルがツマミでいるね

DIそのものならカントリーマン

 

素直な音が欲しいならこれ

定番中の定番です
 

もっとクオリティを求めるならアバロンU5

 
 
 
 
ライブでも使う人たくさんいます
レコーディングでも使える音ですね。アバロンらしく滑らかな太い音です
 

ライン録音のマイクプリ

DI通した音は、あくまでDIの音になります

素直な音で録れるのでミックスの時に扱いやすいです

 
もっと個性が欲しい場合、マイクプリをかませます
マイクプリって言うとマイク使ってないのにってなりますが、いわゆるプリアンプとして使用します
ちょっとお高いマイクプリ通すと倍音が豊富になってアナログ感が出ます
使うマイクプリは色々です
NEVEだったり、APIだったり。
プラグインでは出せない音が録れます
 

僕は710twin finity使ってます

 
 
マイク録りのギターやボーカルにも使います
優等生な音でいてきちっとした音で録れるのでおススメ
1Ch使用がネックだけどねw
 
4Ch使用もあるけど予算不足でした
 

シールド

レコーディングでは出来る限りは短いものを使います

ノイズが出来る限り乗らない様に
これは好み
 

演奏レベル

兎にも角にもこれが一番大事です

いくらいい音で録っても演奏ダメなら意味がないw

特にベースはピッキングのニュアンスが良く出ます。パッシブベースだと尚更です

エフェクターのコンプ通して録音する場合、潰しすぎるとダイナミクスとニュアンスが出にくくなるのでほどほどに

ラインの音も知っておいた方がいい

ベースアンプからの音も大事ですが、ラインだとどんな音になるのか知るべきです

ベースのラインの音ってそこまで低音ないのでショボ!ってなりますw

特にパッシブベースだとホントに素の音になるので

DTMだとアンプシミュレーター使うのでそこまで気にしないと思いますが、ラインの音のクオリティを上げるとEQやらなんやらしなくても充分な音作りできます

アンプシミュレーターで歪ませても芯が残りやすいので、埋もれない音が作りやすくなります

素の音の大事さを実感できると思います

ギターのライン録音も一緒です

ライン録音は機材の影響がかなり出る

マイク録音は出音をマイクで録りますが、ライン録音は出音までの音を作るので通す機材で音が決まります
だからベースはライン録音で十分な音になりやすい
少し足りない部分を、マイクで録ったアンプの音で補い音を作ります
どう混ぜるかは曲に合わせて混ぜます
 

おまけに

ラインの音の特徴として、ライン録音すると空気感が全くないので前に張り付いたような音になります

とにかく目立たせたいようなギターソロはラインで録るのもいいですね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です