UAD2 SSL E-Channel 粘り強い音のチャンネルストリップ!【レビュー】

こんにちは。REC.MIXエンジニアのにっしーです。にっしー@REC.MIXエンジニア

 

このプラグイン再現性が半端ないと評判ですが、実際の所どうなのか?

実際にSSLの卓を導入しているスタジオは、星の数ほどは無いので、どんな音なのかはレコーディングをそのスタジオでやる以外、確認しようがないですよね?(SSLの実機モジュールはありますが)

ですが、使えばわかる素晴らしさがあります

僕の場合はUAD2のプラグインでは圧倒的に出番が多いです

ではレビューです

粘りと適度なアナログ感

チャンネルストリップとして、EQ、コンプ、ゲート、エキスパンダーが付いています

パッと見、わかりにくいように見えますが、役割さえ理解すれば全然使えると思います

普段EQ、コンプ、その前にゲートやらなんやらを、DAWのインサートトラックでやると思いますが、それがこれ1つで出来るだけです

このSSL特有の音が欲しいからこれ使うわけですw

 

全体的な音の傾向としては、スムーズにEQやらコンプが掛かるって印象です

SSLは中域に多少癖が出るかな?

これが粘りとパンチ感を作っているのでとても気持ちの良い音です

NEVEやAPIとはまた違う毛色ですね

 

EQに至ってはノブの色で色々違いがあるんですが、それは他でググって下さいw

傾向としては、やはり中域にパンチ感が出る掛かり方をしますね

割とワイドレンジに掛かる音

3Khzを上げるとその周りの周波数も広くかかっているような感じ

これが色々影響して中域にクセが出る

でも全然嫌な音ではないので、ゴリゴリに上げすぎ注意ですね

 

コンプは結構粘り強い効き方ですね

タイプで言えばVCAタイプのもの

これがクセになる人はクセになるでしょうw

ギュッと詰まった音にパンチが付く

後ほんの一押し欲しい時なんかは、これ最高です

僕は割と好きですw

アナログ感も加わるので太く、存在感が出てきます

レベル管理がやりやすい

これとVUメーターがあれば適切なレベルにすぐ調整できます

ここがしっかりしてないと、どんなプラグイン使おうが、効果を発揮できません

このプラグインで言えば、インプットレベルは0付近(クリップは避ける)、アウトプットはつまみをいじってー12㏈くらいになるようにする

中のフェーダーは触らない

上手く触れない場合はEQを使って微調整していく

これは下処理のEQなので、帯域整理のEQではないので注意

詳しくはこちらもご覧ください↓

入力ゲインとアウトプットの重要性!レベル管理のやりかた!

使用するのにおすすめの楽器

全楽器おすすめです

そもそもこれ元はミキサーなのでw

特にドラムに僕はよく使ってます

好みはあると思いますが、大体どんなジャンルでも合う

APIほどのパンチはないですが、キレイに整えられる

荒々しい感じが欲しいならAPI、キレイかつ少しのパンチが欲しい場合はSSLって感じで僕は使い分けてます

あとたまーにボーカルにも

このパンチ感が声質に合うとかなり気持ちいいw

ただそれなりなマイクで録らないと効果は薄いです

DSP使用率

ウチの環境だとかなり重め(octoコア使用)

1073より重い

ステレオで使うとさらに重い

そこまでバンバン使えるプラグインではないですね

さっきドラムによく使うと書きましたが、ドラムのトータルミックスで使うことが多いです

追記、EQは使いやすすぎて全楽器に使えそうなら使うようになりましたw

この時に少しだけEQとコンプを掛けるのが僕のやり方ですね

EQはカット、コンプのかけ方は耳で判断してます

あんまりやりすぎると音像が壊れるので、いわゆる通すだけ的な使い方です

最後の隠し味です

ボーカルならこれ1つで処理が完了する

ボーカルの処理って結構色んなことをするかと思います

それが時間かかる

ですが、このSSLの音がハマればこれだけで終わることがありますw

SSLでとりあえずのレベルで音作って、色々他のプラグインを刺していっても、外した方が結果良い音になっているという事が起きますw

ただ、ボーカルなのでコンプ掛けがキツイとちょっとのっぺり・・・って事があるのでオートメーション書きは必要ですね

SSLの卓はフェーダーでオートメーションを記録できる機能があるそうなのですが、そこはあまり詳しくないのでご了承くださいw

他と比べると・・・

UAD2の他にWAVESやらSoftubeなどからもSSLは出ています

この辺りは好みかなw

WAVESはどちらかと言うと、どこかわざとらしいSSL感がありますねw

効きがハッキリしすぎているというかw

僕はUAD2の方が効き方が好みなので、UAD2なだけですw

なので、WAVESがダメかといえば全然ダメではないです

適材適所を聞き分けましょう

ここぞで使うプラグイン

そりゃあ全チャンネルで使えればそれの方がいいですが、インターフェースやらアクセラレーターやらを拡張しないと中々厳しいです

重めなプラグインなのでw

どこで使うかを聞き分けるのがいいです

さっきも言った通り、僕はドラムですね

まあこれは自分で判断しないといけない部分なので、ご自由にw

何に使っても、使い方ちゃんとすれば変にはなりません

おわりに

SSLの卓の実機は日本だと、何台ぐらいあるんでしょう?

1つは僕のいる地域であるの知ってますが、ぜひ使ってみたいw

 

SSLの音がハマれば病みつきになる音なので、使ってみてはいかがでしょうか?

割と安く導入できるものもあります

サンダーボルトなので安定性が見込めるのはMACになりますが、宅録なら十分です

 
 
Twitterのフォローもお願いします!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です