ライブやコンサートへ行くなら絶対推奨。耳栓のおすすめ!

ライブやコンサート楽しいですよね

終わった後は心地よい疲労感に包まれていると思います

ですが、そういう会場へ行った後って耳が聞こえにくくなったりしませんか?

これは耳が大音量で音を聞いていたためダメージを受けています

大抵の人は一時だから大丈夫と思い、特に何もしません

これ実はヤベーのです

耳って消耗品です

僕が耳栓を推奨する理由を書いていきます

ライブやコンサートが好きなら尚更です

では書いていきます

爆音を聞き続けた耳は、ケガをしている時とほぼ同じ

ケガをしたら、少なからず治療をしますよね?

傷を洗ったり、消毒をしたり

少なからず何かしらケアの方法があるのですが…

耳に関しては何もできません

 

ただ聞こえにくくなったり、耳鳴りが収まるのを待つことしかできません

翌日には何ともないって思っているかもですが、このダメージ少なからず蓄積されていきます

先ほど耳は消耗品と書きましたが、聴力は今の科学だと完全に回復する術はありません

悪くなったら悪くなっていく一方です

知らず知らずのうちに聴力は衰えていきます

これ、歳は関係ありません

若くても難聴になることは十分にあり得るのです

こうならないようにするために耳栓を推奨します

こうならないようにするためには、爆音で音を聞き続けないこと

未然に防ぐほかありません

特に高音を防ぐこと

キンキンした音はマジで耳にはよくない

人(特に日本人)は高音に耳を傾けるので、余計に音がデカく聞こえるのです

これを大音量で聞き続けたらそりゃあ耳悪くなります

ですが、やっぱり耳栓に抵抗がある人っていると思います

付けるの煩わしいとか、全身で音浴びて耳がキンキンするのがライブやコンサート行った証だとか

僕からすれば、何でそんなにライブやコンサート好きなのに耳守ろうとしないんだろ?音聞こえにくくなったら本末転倒な気がするんですが

まぁ僕の場合、耳は商売道具なので音聞こえなくなったら引退でございますw

 

僕個人もライブやコンサートを見に行く際は必ず耳栓をしています

バンドでスタジオ入る時なんかでも必ずしています

 

最近の耳栓は、ただ音を小さくしてくれるだけでなく、音質もそこそこ備えたうえで爆音をカットできます

水泳で使うものとはワケが違うw

音楽用途に特化した耳栓が色々出ています

耳栓いろいろ紹介

僕が使っているのはこれ

これぐらいの物で充分です

耳栓の相場はよくは知りませんが1500円ぐらいなので、買って万が一合わなくてもそこまで痛手にはなりません

ミディアム、ラージの大きさの物が入っていて、自分の耳に合うものを選べばOK

フィルターを使う大きさの方に入れ忘れないようにw

持ち運びケースがついていて、ペットボトルの蓋みたいな開け方や締め方です(どういう例えだw)

 

僕は割と付けていても違和感はないですね

音も純粋に音量を下げてくれるって感じ

多少はこもった感じになりますが、これくらいなら全然許せるレベル

シリコン素材なので洗えるのもいいです

 

耳栓は付けるクセがないとひじょーーーーーに忘れやすいので常に持っておくが吉ですw

僕は車のカギと一緒に常に持ち歩いています

他だとこれとか

これなんかですね

 

色々な種類あるのですが、ほとんど同じ感じです

ちなみにできるだけ音をシャットアウトしたいって人は、これらはあまり意味ないので注意です

これはあくまで音楽を聴く事に対して、耳を傷めないようにするものなので

完全なる無音はまた別ですw

音楽を末長く楽しむために耳栓は付ける

僕が推奨する1番の理由はこれ

ライブやコンサートへ通い詰めている人は尚更です

耳ってじわじわ聞こえにくくなるんじゃなくて、いきなり聞こえにくくなるそうです

もうこうなったらどうしようもありません

運よく回復すればいいのですが、まずこれを未然に防ぐことが1番大事なのです

耳栓をしていることに否定的なこと言われるのなら、むしろ耳栓を推奨してやりましょうw

最終的に困るのは自分自身なので

難聴は、なってしまってからじゃ遅いのです

おわりに

たまにしかライブやコンサート行かないって人にも是非おすすめしたいです

 

僕は耳を酷使するようなことをやっているので、できる限り耳に負担をかけないようなことはしています

てかしてないと怒られる(誰にw)

僕は昔は耳栓なんてしてませんでしたが、やっぱり色々怖くなってきたので付け始めました

もう付けるようになって4、5年ぐらいですかね

むしろ耳栓無いと逆に違和感が出るレベルw

もっと早く付けていればよかったなと若干後悔してます

ライブやコンサートへ行く時は耳の保護を忘れずにして楽しみましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です