ADコンバーターとはなんぞや?レコーディングするなら知っておきたい

ADコンバーターは、アナログ信号をデジタル信号に変換するものになります

RECして取り込みをする上で、最終的な音はここで決まります

逆にDAコンバーターはデジタル信号をアナログ信号に変換するもの

いくらいいものを使っても、ADの質が悪いと最終的な音に影響を与えます

では書いていきます

変換の精度が音に影響する

オーディオインターフェースでも、ADDA変換は問題なくできますが、オーディオインターフェースは色々な複合機なため、ここの質はあまり良くありません

10万ぐらいの割とお高めなオーディオインターフェースでも、ADにはあまりコストをかけていないものが多い

色々機能を充実させるために、他にコストがかかっています

ADコンバーター単品ともなると、AD変換に特化して作られているので、精度が高くなっていきます

この精度って具体的にどういうことか?

アナログ、デジタルの少し小難しい話w

ADコンバーターは、アナログをデジタルに変換する

これはわかったと思います

じゃあ、アナログとデジタルの違いって何でしょう?

アナログは連続的なもの、デジタルは区切りのあるものです

アナログはそのまま音として認識出ます

ヘッドホンとかスピーカーとかから出る音はアナログです

実際に感じれるモノ

区切りもクソもなく、音として認識が出来る

これがアナログです

デジタルはどんなものか?

オーディオインターフェースにも書いてあるかと思います

24bit、192khz対応的なヤツ

この192khz、これがサンプリングレートと呼ばれ、ここの数値が高いほど分解能が細かくなり、アナログの音に近づいていきます

CDの規格は16bit、44.1khzになります

音は波形として表されるので、波形の持つ周波数の2倍の周波数でとらなくてはいけないのです(詳しくはウィキペディアへGOw)

点と点の集合体、これがデジタルで聞く所の0と1です

プラス側の波と、マイナス側の波

この二つで波形を作ります

人間は20hz~20khzまでを聞き取れるだろうと言う事で、この規格になっています

半分にすると22.05khzですね

この周波数だと、点と点の隙間が広く、目が粗くなっていくので、これが所謂デジタル臭い音の正体です

じゃあ、点と点の隙間を狭くして目を細かくすれば、再現性が高くなるんじゃね?って事で192khzとかがあるのです

実際に20khzから上の周波数聞こえないのに、そこまでの再現度が必要なのか?と永遠のテーマになっていますw

ハイレゾは96khzの場合が多いですね

細かい処理を正確にさせるために

お勉強はここまでとしてw

このクソ細かい、デジタル変換がいい加減だと、音に影響出るよね?じゃあしっかり変換してくれるものが必要だよね?

これを高度にやるのがADコンバーターです

結局デジタルデータなので、どれだけ細かく正確に処理が出来るかがカギになります

精度が低いAD処理だと、本来あった音がノイズと認識されて消えていくわけです

この消えていってる音が何万個も出てきたら、そりゃあ音悪くなっていくわけです

192khzで録ったとしても、完全にとらえきるのは無理な話です

逆にキチンとしたAD処理がされれば、とてもキメ細かく、自然な音になります

好みもあるけど、サンプリングレートは高い方が理論上良い

理論上、DAWのプロジェクトのサンプリングレートは高い方が良いです

録った音が48khzで、プロジェクトが96khzとかだと、その録ったものには何も意味ないです

ただ、プラグインのかかり方が変わってきます

細かく効くってイメージ

だけども最初のAD変換がダメなら何やっても良くなりません

最初の録りでのAD変換が最終的なクオリティを握っています

安いものから高いものに変えると割と実感できる

DTMや宅録だとADコンバーターなんか、何それ?レベルな話ですw

ですが、オーディオインターフェースを安いものから、高いものへ入れ替えた時に実感する

僕もはるか昔、安物でDTMをやっていました

ですが、今はエンジニアなので、それなりなモノにしなきゃと入れ替えた時に、すごい実感しましたw

この音が良くなった原因は何?と探っていったらADコンバーターだったわけです

高いから音が良い、じゃあ安物と何が違うのか?

こういう疑問を持てる性格で良かったですw(これを世間ではオタクと呼びます)

ADコンバーター色々紹介

オーディオインターフェースも中にあったりしますが、AD性能はピカイチなもの紹介w

ADコンバーターは比較的お高めですが、クオリティを上げるには必要不可欠です

まずはアイキャッチにもなってるRMEのADI-2 PRO

僕はインタフェースにRME使っていますが、それよりも滑らかな感じです

ピアノとかの音が澄んだ感じに聞こえるのでとても気持ちいい

次はアポジーのsynphony

マスタリングスタジオでもたまに置いてありますね

それぐらい信頼性が高い

次にLynxのHILO

これもまたマスタリングで使っている人いますね

おわりに

音に拘るととんでもないことになりますw

まあでも、ADの質を上げないと、音のクオリティは上がらないので、導入おすすめです

打ち込みしかしないから、アナログの音使わないよって人も、アナログ出しをすれば世界が変わる

そのアナログ出しする際に、マイクプリやらコンプを通せば、プラグインの音に豊富な倍音が加わるので、音作りが変わる

さらに拘るとDAコンバーターすら単品で見ていくハメになりますがw

ADの質が高くないとあまり意味がないですが、ADの質が高ければ是非お試しあれw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です