キック(バスドラム)の周波数

REC、MIXをする上で一番重要と言っても過言ではないキック

キック自体の鳴りやビーターの素材などで多少の誤差はあるけど傾向は同じです

これは生音の話

打ち込み音源はすでに音が作られているモノが多いので参考程度に

キックが出せる周波数の範囲

キックは主に低音域を担当する楽器です

だいたい40Hz~8KHzぐらいまでは出ます

実際にはもっと広く出ていますがノイズだったり、必要ない部分だったりするのでこれくらいで考えた方が無難

40Hz~100Hzは低音のズンズンと体で感じる部分

100Hz~1500Hzは胴鳴り、キックそのものの音。共鳴して出ている音

2Khz~6KHzはビーターのアタック音。バチバチした音。強調したりしなかったりでキックの音色がだいぶ変わる

中音域はキックの鳴りの部分ですがMIXのときはカットしてしまうことが多いです

理由としては低域は聞こえにくく、音量を上げるのにエネルギーを非常に使います

そのため他の中域のおいしい周波数にぶつかって音を濁らせてしまいます

曲のジャンルによりけりですが基本はドンシャリ気味に音を作っていきます

逆に中域中心で音作ったりするのも全然アリ(ジャズっぽくなる)

音の傾向

キックに至ってはどんな弄ろうがそれほど違和感を感じません

すげー不思議

メタルみたいなベチッっとした音はビーターのアタックを強調した音です

生音のキックはマイクで録ると意外とショボいので加工していくわけです

ポップスだと90Hzと2KHz辺りをいじってそこまで主張させすぎないように

メタル、ハードコア、メロコアだと50Hzと4KHZ,6KHzをいじってバチバチ

ジャズだと400Hzいじってモフッとした音(何もしないこともある)

キックの重要性

最初に書きましたが何がそんなに重要なのか?

曲全体の締まりと、雰囲気を決定付けるのに重要なのです

キックがショボいとマジで曲がショボくなります

想像してみてください。他の楽器はピシッとした感じなのに、ぱす、ぽすと鳴っているキック

迫力が削ぎ落とされ、ズンズン来る低音もないのでかなり残念な感じになる

キックを制するものはMIXを制するなんて言葉があるかどうかはわかりませんがそれくらい重要です。マジで

逆に他の楽器がショボくてもキックがまともだと意外にかっこよく聞こえたりします

縁の下の力持ちですね

まとめ

40Hz~8KHzは出る

曲全体の雰囲気、締まりを作る

キック制するものはMIXを制する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です