ライブハウスにおける音作りとPAさんに出す要望の伝え方

ライブをするなら避けては通れない音響や照明関係の事

慣れてくるとこの辺りがなあなあになってきます

初心者もライブするの慣れている人も今一度確認しましょう

ステージでの音作り

過剰な音作りをする場合は必ずPAさんと相談です

特にギターでハイからプレゼンスまでブチ上げるような音が好みな人は注意

エフェクターもそう

過剰な音作りはお客さんの耳を破壊しますw

音作りが上手い人たちは、過剰に聞こえるけど許容範囲に収まるように音を作っています

基本的にライブの音はマイクやDIを通り、ミキサーを返し、デカいスピーカーから音を増幅して出します

初めから過剰に音を作ってしまうと、それが増幅してスピーカーから出るので大変な事になります

リハーサルの時にキチンとPAさんと話しましょう

チェックする前に「何かキツイ音があれば言って下さい」と一言あるだけでもだいぶそのバンドの印象が変わります

その前に要望のシートがあるはずなので、それをPAさんと照明さんにある程度伝わるように書きましょう

おまかせでも別にいいんですが、しっかり表現したければキチンと書く

本気な人たちは事前に細かく自分たちで要望のシートを作って提出しています

中音(ステージ上の音)はボリュームバランスをしっかりすることが大事

中音=お客さんが聞く音といっても過言ではないです

何か聞こえにくい音がある場合、それはお客さんも同じ

PAさんはそれをバランス良く仕上げてくれますが、中音が爆音過ぎると客席にもそれが漏れるので余計に聞こえにくくなります

まずはボリュームバランス、次に出したい音色です

基本的にはキックにボリュームを合わせてやればまず変にはなりません

リハーサルでは最初にキックの音を作るのがほとんどです(時間無い場合は例外多数w)

それに合わせて他を足していきます

どうしても聞こえにくい場合、モニターから返して貰うのも全然悪くないですが、あれもこれもと返してしまうと中音は濁ります

すなわち、お客さんも濁って聞こえます

返しは最低限にした方が外音はキレイになります

何も返さないのは演奏がやりにくくなるので、自分が普段聞いている音だけを返して貰うようにしましょう

最初にある程度はPAさんが返してくれているので、そのバランスが良ければそのままで大丈夫

要望シートの書き方

リハーサルをする前に書くと思いますが、慣れていない場合、おまかせでも最初はいいと思います

ある程度慣れてきたら、要望を出してみるのも経験です

ただ、爆音で!とか、かっこよく!とかの抽象的すぎるのはダメです

もっと具体的にしないと伝わりません

例えばですが・・・

・テンポ・・・速め

・リードギターのキメフレーズが多いのでリードギターは大きめで

・ベースはあまりフレーズ動かないので、低音多めで

・静かになる所なので、スネアにリバーブかけてください(要リハーサル)

・ボーカル重視のバンドなので、他の楽器のボリューム抑えてボーカルが一番聞こえるようにお願いします

こんな感じですね

まだ考えれば色々ありますが、どう聞かせたいかを考えれば自ずと書くことがわかってくるはずです

先ほども書きましたが、歌詞カードや要望のことを細かく書いたものを事前に用意できると、自分たちが表現したいことがキチンと伝わります

対バンの数が多いと、もしかしたら断られるかもですが、ここまでやる気ある様にすると今後の対応が変わってくるはずです

そこまで一生懸命なの応援したくなるじゃないですかw

キチンと礼儀正しく

これは人間性ですw

特に言葉使いと、言い方ですね

あたりまえですが、お互い同じ人間です

言い方ひとつで嫌な気分になります

そうなるとPAさんももう知らんってなります。プロなので仕事は投げ出さないですが、最低限の事しかしてくれなくなります

ないとは思いますが、逆にPAさんの態度が悪いともうそこのライブハウス出たくないってなります

お互い謙虚にして、最高のステージを作り上げるのが理想です

よほどのカリスマ性と集客が無いと、横暴な態度はしてはダメです(実際そんな態度取ったらダメだけどw)

わからないことがあるなら聞く

全然悪くないことです

だってわからないんだものw

新たに教えてもらうことでなにか得るものがあるかもしれません

忙しい時は別ですが、音に関する質問をされて嫌な顔するPAさんは一人もいません(言い過ぎ?w)

だって好きなんだものw

キチンと誇り持ってやってる方がほとんどです

スタジオの音作りのコツや、ミキサーの事を色々教えてくれてレベルアップに繋がります

自分たちでライブでの音の経路などを把握するだけでも音作り変わりますよ(特にマイクとミキサー)

おわりに

良いライブをしたいのはみな同じ

そのために少しでも音に関する知識があるだけで、お客さん目線の見え方、聞こえ方が変わってきます

ただ自分たちが楽しめれば何でもいいと思ってるなら話は別ですが、演奏する上でも10倍気持ちよく演奏が出来るようになることだけはわかってほしいですね

音作りが上手いバンドは爆音バンドでも、え?もう終わり?って感じるぐらい心地よいです

今までそこまで考えてやらなかった人は少しだけ音響に興味を持ってみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です