グリルの握りこみは要注意!ライブでのマイクの使い方!

ボーカリストには是非理解をして欲しい

ライブでのマイクの使い方は、かなり重要です

ヘタしたら歌聞こえなくなります

どう使えばいいかと、なぜか?ってことを書いていきます

今一度確認しましょう

なんでグリルを握りこむのは良くないか?

今更だけどグリルってマイクの網の事ねw

単純にハウる&こもるからです

ライブの前、もっと言えばリハーサルの前に、PAさんが会場のマイクのチェックや、スピーカーのチューニングなどを綿密に行っています

ワザとスピーカーにマイク向けてハウる帯域をカットしたり、それはそれは綿密です

PAさんにとっては、ハウった=死、あるのみ。ぐらいな勢いです(大げさかな?w)

よほど変なことされない限り、ハウらせるのはご法度なのです

大きい会場だと、スゲーデカいスピーカーが何発もあります

それがハウったらと思うとゾッとします

 

マイクというのは、グリルが出ているときに、性能を発揮します

PAさんがチューニングを行うのも、基本はグリルがキチンと出ている状態で音の調整をしています

グリルを握りこむと、指向性と周波数特性が変わってしまうのです

 

なんでこれやってしまうかと言うと、自分の声が聞こえにくいからじゃないですか?

カラオケとかでも握りこんで、声が大きくなるようにしている人いるかと思います

これ、声が大きくなっているんじゃなくて、人の耳に聞こえやすい周波数が強調されているだけです

この周波数が強調されてしまうのでハウってしまうのです

具体的にどこの周波数かと言えば1Khz~4Khz辺りです

一番ハウりが起きやすいのもこの帯域

 

最初にチューニングしたものが全てパーですw

握りこんだ上、グリルに口をべた付けで歌えば、マイクの特性を無視した、その握りこんだ音になってしまいます

グリル握りこんでるプロもいるじゃん

確かに居ますが、あれは握りこむのを前提に音を作るのです

事前に打ち合わせを細かくしているのです

やっぱ握りこんだ方が何となくサマになるし、かっこよく見えますからね

何にも考えないでやったら間違いなくハウるし、音もモッコモコになりますw

 

さっきも書いた通り、ハウった=死、あるのみ。なPAさんにとっては、非常に迷惑ですw

もうボーカルの音量下げざるを得なくなります

ハウると機材も痛むし、お客さん不快な思いするし、いいことないですから

これゆえに、ボーカル聞こえないが起こる可能性もあります

ですが、その握りこんだ音が声にハマるのであれば、それはそれでありです

ただ、それをやるには多少リスクを背負います

音なんてふとした表紙に変わりますから

お客さんの入り具合とかで、音の吸われ方が変わります

人間は、割と吸音性が高いのです

ガラガラな会場と、ギューギューな会場では音全然違います

 

それでもなお、グリルを握りこみますか?

マイクは基本、グリルを持たないようにする

僕的には、グリルと手の隙間は1cmぐらいがベストだと思います

これであれば、影響はほとんどないと思います

PAさんもキチンと声に合わせたチューニングが出来ます

自分の声が聞こえないというのは、楽器の音作りに問題があるのです(これは演奏者側の話)

単純に周りの音がデカすぎる、声と周波数が被りすぎてる、マイクと口の距離が離れすぎてるなど、いくらでも原因が出てきます

基本はマイクは水平に持ち、口の距離は1cmくらいを保つ

モニタースピーカーには極力向けない

これが基本中の基本

単純に声量があれば、声は抜けてきます

ですが、最終的にミキサーとスピーカーによって、音量は決まります

声量があろうがなかろうが、最終的な音量バランスはPAさんに委ねられるのです

ハウるギリギリまでフェーダーを調整しているのです

ボーカルの音量が上げられないという事は、何かが邪魔しているという事

その何かは人によるので、PAさんに聞きましょう

ボーカリストはマイクを理解するべき

ボーカルにとっては、マイクが楽器です。アカペラは?とか突っ込んでくる人は良い所で声が絶対裏返る呪いをかける

マイマイクを持っている人は尚更です

マイクの特性、指向性、メンテナンスのやり方

これらを理解するだけでも変わってきます

スゲー人はマイクの角度や距離を巧みに操り、自分の声のクセにあった使い方をします

ここまで出来るともう怖いものなしです

というか出来るように練習すべき

だってPAシステムあれば100%マイク使いますもん

もちろん歌の練習は大事です

ですが、マイクの事を知らないと、いくら上手く歌っても届きません

音質が良いマイクだから声は抜ける、なんてことはあんまりないですから

音質が良いだけであって、声が抜ける抜けないはまた別です

音作りが出来てからの話です

スタジオで色々試すのがおすすめ

スタジオだと、自分でミキサーをある程度いじるかと思います

ただ、音が出るようにするだけでなく、EQやコンプも使ってみて下さい

コンプはまだしも、EQ付いてないミキサーってほぼないと思います

使い方は何となくでも全然いいです

ちょっと声が細いなら、100Hz辺りのEQのツマミやらグライコを上げてみたり

音量がバラバラすぎるならコンプを掛けてみたり

声の音作りをやっていきましょう

ずっとやっていると自分にとって、歌いやすい音みたいのがわかってきます

この感覚を覚えてしまえば、ライブの時もPAさんに注文しやすいです

ちょっと高音下げて欲しい、低音上げて欲しいなど

わかってきたからと言って、具体的にHzで言うのは、僕はおすすめしません

なぜなら、その会場の音を1番熟知しているのは、その会場のPAさんだからです

具体的に言ってしまうと、PAさんはそれ以外に選択肢がなくなってしまいます

ここは割と大雑把でいいと思います

おわりに

どうあがいても、ライブは機材が付き物です

マイクだけでなく、普段はいじらないミキサーやスピーカーなんかもそうですね

本格的にわかるように勉強しろとまでは言いませんが、なぜこれはダメなのか?なぜ声が抜けないのか?と疑問にもって改善していくと、凄まじい勢いで成長していきます

完璧にバランスがとれて、歌いやすい環境で歌うと気持ちいいですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です