これぞ求めていた最強ドラム音源!SUPERIOR DRUMMER3!

巷で最強と言われているドラム音源です

読み方はスーペリアードラマースリーですw

略してSD3

率直に言えば、この音源もう優勝ですw

僕はコンポーザーでもなければ、DTMerでもなく、エンジニアです

僕のこの音源の用途は、ほぼ差し替えになります

なんだかもったいない気もしますが、それだけの用途でも充分価値はあると思います

どんな機能があるかは腐るほど情報が出ているのでそちらをご覧くださいw

音質はすごい自然な鳴りで、解像度もいい

デフォルトのキットでも、マイクで録った素の音にものすごく似てる音がする

というか録るとき、こんな音になるようにマイキングするレベルな音w

 

実際、マイクでドラム録る時って、様々な要因が重なって中々いい音が録れないことが結構あります

演奏者、マイキング、機材、部屋

このうちのどれかが崩れると、もう使いずらい素材になります(特に部屋と演奏者)

被りが入りすぎたり色々あります

 

あんまりエンジニアをやってる以上言いたくはないのですが、下手に録るなら、この音源に差し替えてしまった方が音は全然いいです

あの巨匠エンジニア、ジョージ・マッセンバーグが開発に関わっていたりするのでこだわっているんでしょう

ジョージ・マッセンバーグはEQでも有名ですね

GML8200やばいよ、実機はお値段100万超えだよ(白目)

 

プリセットもかなり豊富なので、それ選ぶだけでもういい音になってしまうチートな音源ですw

トリガー機能も付いているので、差し替えも簡単

僕はこの音源の音質と、トリガー機能があるからこの音源を選んだ感じです

トリガーとしても精度高めに拾ってくれるので、割と大雑把な録り音でも差し替えが楽ですw

オーバーヘッドとかは少し原音を整理(シンバル以外を切るなど)してやった方がいいですね

全部差し替えるのならですけど

 

そのままで使っても全然クオリティ高めな音になるので問題ないのですが、僕は自分で録った素材と混ぜて使うことがほとんどです

こう使うと、元々の原音を生かせた音作りができるので、あからさまなSD3の音にならないので、オリジナリティが出せます

ソフト内でMIX度合いを0~100で調整できるのですが、僕は音源自体の音を100%で作ってから原音に混ぜてます

パラレルってやつですね

原音と音源をきちんと作りこんでからのパラレルです

どっちか複製して歪ませたりすると、EQいらずでアタックが抜けてくるので、無駄なEQも減ります

 

録ってる素材にもよりますが、アンビを切ったり、他の鳴りを抑えるために差し替える楽器以外はミュートしたり、色々工夫しないといけない場合もあるので、そこは耳で判断しましょう

色々使っていると、どうすればいいかの判断も速くなります

 

ただね、SD3はアンビの質感がすごいので判断にすげー悩みますw

この音源の特色はアンビエンスの質だと思う

かなりリアルです

しかも使えるアンビエンスの音

 

ぶっちゃけ音源のアンビエンスってまず使えないんですよね

僕AD2も持っていますが、絶対切って使ってました(渡される時も同様に)

嘘くさいので僕は好みではないだけなのですがw

音源のみで自分でアンビエンス作るときは、ドラムバスからセンドして、ルームリバーブかける、みたいなよくあるやつをやっていました

ドラムって完全にドライだとめちゃくちゃ不自然に聞こえますw

 

その一方SD3、そのままで使えるクオリティです

元の原音によりますが、混ざり方も自然で無駄にリバーブを使う必要もないことも

 

この音源、ブリード(被り)の音までも収録されているので、そういう生ドラムに対しての作りこみが半端ないです

この音源で差し替えて文句を言われたことはまだない

これからはわかりませんがw

自分で録ったものに関しては、あくまで原音を主役に、補強の意味合いで音源を足す感覚なので、素の音が単純にグレードアップするのでむしろ喜ばれることが多いw

ミックスのみって場合でも、ドラムはこれでほぼ音作ってオッケーになりますね

 

まぁただ闇雲に差し替えているわけではないですw

ベロシティ調整やリズム修正など基本的なことはちゃんとやってからです

ちゃんと色んな周りのパーツの相性やら、雰囲気を聞きつつ音は作ってます

 

AD2は、もうAD2の音色にしかならないので、差し替えでは使いずらかったですね

トリガーできるわけでもないし、使うことはほぼないようなry

容量デカい

この音源、全て余すことなく使うなら、約240GBの容量です

HDD、SSDが500GBくらいの方は、1TB以上のSSDを追加することを激しく推奨しますw

この音源、HDDは動きがもっさりするらしいので、もうSSDにしましょうw

内蔵でも外付けでも大丈夫

あとダウンロードに確か3日ぐらいかかりました(うちのネット環境の場合w)

サンプルが何個かに分かれているので、それを個別にダウンロードしていきます

全部の音源余すことなくダウンロードして使う場合は、おそらく3日くらいかかりますw

覚悟のうえで頑張って落としてくださいw

コンプリートとかに比べるとまだマシかなって思いましたが、あれ?コンプリートってHDDが送られてくるんだっけ?忘れたw

 

それにしても普通に考えれば容量はデカいですねw

お値段も高め

約40000円ですね

あんまりセールになったっての聞いたことないので、セール時は迷わず買っていいと思います

マジ推せるドラム音源なので

僕は欲しい時に買っちゃいますがw

操作は慣れ

最初なんかどんなものでも使いにくいと思うので、慣れましょうw

じっくり使いこんでいけば、マジで生音系の他のドラム音源いらなくなります

拡張キットもだいぶ種類増えたので、もうこれ以外使う必要あるのかって、僕は思いますw

スネアはBFDのこれじゃなきゃダメだ、キックはこれだってこだわるのも楽しいですが、リスナーはマジでそんなの気にしないですよ(絶望)

時間かけすぎもただ沼にハマるだけなのでほどほどに

おわりに

SD3はきちんと使えば普通に商用クオリティまで全然持っていけます

打ち込み方や音色の選別、ミックスなどの技術があればマジで使えるドラム音源です

生音のクオリティを求めるなら、僕は今まで試した中でこれ1択です

柔らかい音でも、バキバキな加工した音でも使える音色になります

でも、EDMとかダンス系なシンセドラム系はちょっと苦手です

いま拡張音源でそういう系あるのかな?

 

生音ドラム音源に迷ってるならもうこれ選びましょうw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です